キャッシングと貸金業法の関係

キャッシングは貸金業法に基づいて融資を行う形態となりますので、キャッシングを提供する業者は貸金業法に定める登録をしなればならないとされています。そのため現在キャッシングを提供している業者はほとんどが法律で指定した登録業者となりますので、闇金とは違い安全に利用することができるようになっています。貸金業法では上限金利が定められており、金額によって異なりますが現在では20%がキャッシングの上限金利と定められています。貸金業法に定める金利は利息制限法に定める金利がそのまま該当しますので、以前のように出資法による金利を使うことができなくなっているのです。キャッシングを利用する際には、総量規制によって年収の3分の1までしか利用できないようになっていますが、総量規制も貸金業法に定められている内容となっているのです。キャッシングを利用する際の申し込みでは、身分を証明する書類の他に収入を証明する書類を提出する必要がありますが、収入を証明する書類に関しても貸金業法によって種類が定められているのです。法律は利用者にとっては借り過ぎによる多重債務を起こさせない目的がありますし、業者側としても多重債務者を出さないように法律によって正しく融資を行っているのです。貸金業法はキャッシングを利用する上で必ず関わる法律となりますので、利用する側としても法律に関して知識を持ち多重債務者にならないように気を付けることが大切なのです。