(高瀬さん(仮名)/35歳女性/神奈川県在住/職業:経理事務)

先月、友達との待ち合わせまでに時間があったので、何気に百貨店に時間つぶしに入ったのですが、それがそもそもの間違いでした。数か月前に買い物をしすぎて、カードの支払明細書を見て驚き、キャッシングで何とかクリアしたばかりだったのに、その支払いが終わって、気が緩んでいたのかもしれません。運の悪いことに私の大好きなお店でセールをしており、買わないと決めてはいたもののすごく気に入ったトップスを見つけてしまい、お値段もかなり安かったので気が付けばまた、買い物をしてしまっていました。特別必要があったわけではないのに、何とも自分の甘さが情けない限りです。まあでもこうやって形に残るものに使っているし、買ったものも全部愛用しているのでこれは私の趣味だと割り切って、またキャッシングでしのぐしかなさそうです。先月たまたまクレジットカード会社からのハガキで、お買い物枠やキャッシング枠が増額されたばかりだったので、これもまた私の気が緩む原因だったのかもしれません。今の仕事ももう長いので、それなりにお給料やボーナスももらえており、独身なので、同年代の家庭を持つ同僚に比べれば、私はかなり贅沢な毎日を過ごさせてもらっているのかもしれません。でもそろそろ将来のことも考えて、残せるお金は残し、いいままで散財していた分を投資にでも回していかないとなあなんて考えています。このまま一人でも生きていけるよう、老後の設計を考えるきっかけになってしまいました。